スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

後川清 長崎の今日は晴れだった

あのお。
ファンだとかいうわけじゃないです。

ふと、思い出した。

後川清 長崎の今日は晴れだった

後川清とホットファイブだって。
作曲は、長崎は今日も雨だったと同じ人。


スポンサーサイト
2009年05月17日 | Comments(4) | Trackback(0) | 読書

LUNA SEA - NIGHTMARE (Live 1991.09.19 at Nihon Seinenkan)

カテゴリに「LUNA SEA」作っちゃおうかな。

いちおう、
 ガンダム→ケロロ→福山(堤)→LUNA SEA→その他(可愛い系、その他アニメ、その他音楽)
みたいなローテーションで行きたい。

しかし。
LUNA SEAのimitationがとんでもないくらい観られている。(右上の緑色ね♪)
映画「堤+福山の容疑者Xの献身」のPVを超えるかもしれない。

ならこれはどうか?
CDになっていないっぽい。

ライブで「らすつ、そんぐ」とRHUICHIが言っているようにボーカルがへたっている気がするが、これも味なのだろう。
RHU様、綺麗だし。

やっぱ、ベースとドラムがいいなぁ。RHUICHIもぴったり合わせている。上にかざした右手。

さんぴん様からのお奨め youtube
2008年10月29日 | Comments(4) | Trackback(0) | 読書

Masaharu Fukuyama - Sou ~new love new world~

なんか、ここでは久しぶりぃ
な感じの、福山さんですね。

こう言っては何だと思いますが、
 「さよなら人類」の
「ましゃ」「まーくん」「福山」その他・・・
好きだな。なんて呼べばい~んだい。

けど、良いよ。あれはいいものだぁヽ(´ー`)ノ


↓youtube
2008年10月24日 | Comments(3) | Trackback(0) | 読書

milk tea 福山雅治

はい、お嬢さん。

福山雅治ですよ。

というか、バラードというかこういう曲似合いますな。
まぁちゃんの激しい曲は聴いたことがないので、もうしわけありません。

おそらくあるのでしょう。教えてください。探して聞きます。

↓youtube みのもんた、にはなりきれない・・・
2008年09月10日 | Comments(4) | Trackback(0) | 読書

ろくでなしBLUES - 森田 まさのり

実を言うと、TV持ってません。
持っていない理由はもったいないので後ほど出すでしょう。
言っておきますがTV大好きです。

そう言えば、「ルーキーズ」というのを最近やっているらしいですが、
TV持っていない昔、ジャンプ好きの私には
ROOKIES (4) (ジャンプ・コミックス)ROOKIES (4) (ジャンプ・コミックス)
(1999/01)
森田 まさのり

商品詳細を見る

しか、思い浮かびません。
たぶん、違うのでしょうが。

今は、べしゃりだかなんだかというのをヤジャンだっけでやってるかやってたと思います。

しかし、「森田まさのり」というと、私は
ろくでなしBLUES (Vol.42) (ジャンプ・コミックス)ろくでなしBLUES (Vol.42) (ジャンプ・コミックス)
(1997/04)
森田 まさのり

商品詳細を見る


が出てきます。

ブルーハーツのキャラだったり、
たまにはさまる「ろくでなちぶるーちゅ」(ちょっと間違ってるかも)が好きで
全巻そろえてみました。

でも、友達に全部プレゼントしました。
ドラゴンボール全巻とどっちを置いておくか?という選択肢の末、友達に一時的に預かって頂いています。(永久かもしれないが)

最初、前田太尊はダブっていると思い込んでいたのですが(前田さんとか言われてるし)なんか違ったみたいです。

ただ、途中がジャンプの王道っぽくなり幽々白書の二の舞いか( TДT) というピンチを乗り切り堂々のエンディングを迎え、清清しい満足感で読み終えました。

なんとなく、まともな読書感想文になってきてる。

2008年05月13日 | Comments(1) | Trackback(0) | 読書

めぞん一刻 - 高橋 留美子

小学生の頃、アパートの管理人室に住んでいて
管理人というと親しか思い浮かべないのだが。

めぞん一刻 (1) (Big spirits comics)めぞん一刻 (1) (Big spirits comics)
(1992/07)
高橋 留美子

商品詳細を見る


全然違いますよ。うちの親と。

今は懐かしい
 「未亡人
という言葉はもう使いませんねぇ。

その昔は
 「団地妻
とういうタイトルで(*´д`*)ハァハァしてた時代も合ったそうです。(親戚のおぢさんからの情報)
それと、ライバルのキーワードが未亡人だったようです。

なので、当然
まぁ、合わせるのはいっぱあり。
というか、日活ロマンポルノ系の懐かしい話しがメインではなく。

響子さんと惣一郎さん(犬)ですよ。ソウイチロウさんの漢字が自信ない)

で、伍代くんより、市ノ瀬さん(漢字たぶん違うが後は任したウィキペたん)がいいとか・・・
スピリッツ連載当時読んでいたと親戚のおぢさんが言っていたが、気づいたら終わっていて
毎回コミックスを買っていたので最終回のコミックスの表紙が泣けたらしい。

張るときに
1巻目と最終巻(15巻)目どっちにしよう?と迷ったが

おそらく、もう観ていない人もいる時代だろうから15巻目はあえてお楽しみのように(探せばすぐわかるけど)しておきたい。
と、親戚のおぢさんが言ってました。

1巻目の響子さんが魅力的(おぢちゃんは、ラムちゃん系ではなく巫女の先生系も好きらしい)だから。
というのが理由らしい。

ちなみに、響子さん(管理人さん)は22歳くらい。
2008年05月10日 | Comments(2) | Trackback(0) | 読書

月館の殺人 - 佐々木倫子 綾辻行人

佐々木倫子さんファンなんですが、最近スピリッツで連載が始まった
 「チャンネル~」
は見逃してます。
超久々の待望の連載が始まるのは小耳にはさんでいたのですが、すっかり忘れていました。
もしかしたらまた逃してるかもしれません。
月一連載なので。

同じように、読み逃しつつ、連載後コミックスになった後も
なかなか、見つけられなかったのですが、

レディース濃い系の棚でなんとなく見つけました。
なんで、ここ?というところです。
なんでその棚を物色中?だったのはまぁいいんだ。

月館の殺人 上  IKKI COMICS月館の殺人 上 IKKI COMICS
(2005/08/10)
佐々木 倫子、綾辻 行人 他

商品詳細を見る


原作の綾辻行人さん作品の題名はよく聞いたり目に付いたりしていて知っていましたが、
老後の楽しみに確保しています。
(ハッキリいうと、読んでいない)

なので、
この作品で始めて「綾辻行人」という世界に触れたのか、「佐々木倫子」ワールドなのか区別が付いていません。

佐々木倫子ワールド特有の深くつっこんだ取材の.成果なのか、トリックの感触がそれに合っていたのか、
あわせたのか、元々そういう作風なのか。
そこが最大の

テツ(鉄道オタク)の中でも種類があり、やはり互いを認めないという特徴を知ってたのか調べて気づいたのか、ガノタの旧友達が一人だったのでよくわかりません。
同様にA君(ガノタ+他にも典型的なそいう要素を兼ね備える)は、特に同趣味の仲間に対してアレコレ言ってるところは見たことがありません。

それ以前に、仲間いません。

一度、新作のガンプラってまだ出るの?みたいな事を聞いてみたら。

「スケールがどうのこうの、どうのこうの(20分経過)、という違い分かって言ってます?」

と、説教くらいました。敬語で。
年上には言葉遣いは敬語で接するが態度はタメ以下で扱う気の良いやつでした。

もう実名だしてやろうか、というくらい仲良しです。



いろいろ設定変えたはずなのになんか戻ってるのは地震のせい?
例:コメント認証自分でもめんどくさいのでなしにしたのに、自分でここにコメントいれたら例の見えにくい数字で「これいれてみぃ」ってやられる。
ログインして書いてるんだから区別つけて欲しかった。


2008年05月09日 | Comments(2) | Trackback(0) | 読書

嗤う伊右衛門 - お茶じゃないよ

京極夏彦
好みが分かれるところだが、文章で読んで美しい情景が浮かぶ。
という体験をこの作品のラストで味わった。

伝統の四谷怪談が、その原典から見直して作者の世界に持ち込まれると
お岩さんは、愛しい美女。

他の作品でも思ったが作者は愛妻家なのかな?と感じさせるところがあるが真実は難しい。
原作は

嗤う伊右衛門 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)嗤う伊右衛門 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
(1999/08)
京極 夏彦

商品詳細を見る


なのだが、私が持っているのと表紙が違う気がする。いや、全く違う。

借りた映画では唐沢寿明さんの伊右衛門が
原作の伊右衛門が持つ、強さ優しさ迷い、そして不気味さ
よく出ていました。

阿部寛様なら通常の四谷怪談は見てみたいが、ちょっとこれには合わない気がする。

そして、次の日に借りたのが「ラヂオの時間」につづく。
(まぁ、唐沢寿明ファンと思われるのが不安というおちだと最初に言っておく!)

2008年04月25日 | Comments(2) | Trackback(0) | 読書

ハサミ男 - シザーハンズじゃないよ

豊川悦司は好きですが、別に変な意味はない。
 どちらかというと
ノーマルに田中麗奈の方が、ピンクの制服のOL姿で首辺り辺りの髪型が可愛いと思う。
大豆ですから!

で、好きなとういうと誤解されそうなトヨエツがでていますが、

ハサミ男ハサミ男
(2005/11/25)
豊川悦司、麻生久美子 他

商品詳細を見る


原作は

ハサミ男 (講談社ノベルス)ハサミ男 (講談社ノベルス)
(1999/08)
殊能 将之

商品詳細を見る


DVDで「ハサミ男」が出ているというのを聞いたときは
 「おぉ、豊川悦司」
 「アレはどうするんだ?」
と、気になってTUTAYAの会員になり探したのだが

初心者にはTUTAYAのカテゴリーは迷う。

ダイハード4を見るときに3を見ていなかったのでついでに借りようとしたら
 「アクション」にない。
店員のおえいさんに聞いたら
 「ヒーロー系アクション」
みたいなとこにあるし。

その後、店員のおねいさんと仲良くなってとかいうストーリーはもちろない。

で、一応顔見知りになったおねいさんにまた聞くのはなんとなく
「こいつ、わたしを狙ってるな!」
と、全くその通りな警戒を避けて

ちょっと髪型が可愛いおにいさん☆(いや、私はそういう系じゃない)
に、「ハ、ハサミ男っていうのが借りたいんですけど」

と告白しちゃいました。
もう、心臓がドッキドキですがやっと手に入れました。

で内容はというと、
最初の方で豊川悦司がちょっとぴっちりしたパンツ(もちろん下着のじゃなく)でおしりを振って歩いている姿が印象深い。

いや、このおしりブリブリはいちおうストーリーに関係あるので。

だからといって、そういう系の話ではなく。原作の出版社を見れば分かる通り、ミステリーです。

かなり、原作に忠実だと思います。
気になっていた「映画じゃ無理だろう」というところは、75点~65点というところでしょうか。私は「よくできました」だと思います。

2008年04月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | 読書

見せてもらおうか、「富樫義博 レベルE」の秘密とやらを。

幽々白書、ハンター×ハンター
で、いろんな意味で有名ですが。

「幽々白書」のあと月一で連載されていたらしい
連載が終わった後にコミックスで読みました。

「幽々白書」がドラゴンボールの2の舞っぽいくなり
元からの作者の気質なのが知りませんが
きっぱり連載終了したのはある意味よかった気がします。

その後、十分な休暇というか充電期間?をとって
「アシスタントなしで全部自分で書いてみたい、時間かかるけど」(意訳)

で始まったのが

レベルE (Vol.1) (ジャンプ・コミックス)レベルE (Vol.1) (ジャンプ・コミックス)
(1996/03)
冨樫 義博

商品詳細を見る


その後、順調に連載が続き
レベルE (Vol.2) (ジャンプ・コミックス)
レベルE (vol.3) (ジャンプ・コミックス)

3巻で終わってしまったのは残念です。
が、これだけでも残していただいてありがとうございます。

という、気分です。
キャラクターがよく、短編なのでちょっとした待ち合わせの合間のお楽しみ(時間つぶし)には贅沢なくらい。

ミステリー要素っぽい「オチが面白い」のもあり
また「犯人当て」ストーリーもよくできていて
最近まで「あ、これ犯人わかるんだ」と気づかない狡猾さです。

2008年04月18日 | Comments(2) | Trackback(0) | 読書
 | HOME | 

よろしくお願いします

最近の記事

A8

Kauli

ブログ全記事表示

PPCAD

AdSense

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。