スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

「四季」から春 ヴィヴァルディ

四季のうち、春しか記憶にない。春も忘れてた。

Wikipediaより。
「四季」(イタリア語:Le Quattro Stagioni、英語表記はThe Four Seasons)は、イタリアの作曲家アントニオ・ヴィヴァルディによって作曲された、12曲から成るヴァイオリン協奏曲集《和声と創意への試み》 (Concerti a 4 e 5 "Il cimento dell'armonia e dell'inventzone") 作品8の内、第1集すなわち第1曲から第4曲までの「春」「夏」「秋」「冬」に付けられた総称である。ただし、ヴィヴァルディ自身による命名ではない。

「四季」の各協奏曲はそれぞれ3つの楽章から成っている。それぞれの楽章にはソネットが付されていて、作者は不明である。このソネットゆえ、この曲は標題音楽に分類される。 ヴィヴァルディはこの「四季」で新しい旋律法やダイナミズムを追求した。


「四季」から春 ヴィヴァルディ

↓埋め込み版

スポンサーサイト
2009年03月26日 | Comments(2) | Trackback(0) | 音楽
コメント
荘厳やねぇ
ながーいテーブルに、白のテーブルクロスがかかってて、
そこに2人しかおらんのに、
端っこと端っこでフレンチの食事をしとる感じやね。
天勉也 URL 2009年03月28日 19:12:40 編集
>天勉也さん
イタリア人みたいだからパスタを食べてたかも。
フレンチも食べてたろうけど。
三日忘ず URL 2009年03月28日 23:14:24 編集

管理者だけに表示する

よろしくお願いします

最近の記事

A8

Kauli

ブログ全記事表示

PPCAD

AdSense

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。